保健看護学科

生命と健康を支える仕事。その喜びを感じたい。

保健師と看護師のダブルライセンスが取得できるもりのがくえんの統合カリキュラム。質の高い看護職を養成するための教育制度で、4年間で2つの国家試験資格を取得でき、さらに大学院への入学資格も得られます!

学内で学んだ知識と技術を実践し、看護の基礎的能力の修得を図る実習。病院などの医療施設はもちろん、保健所や保健センター、産業保健、学校保健などの幅広い実習体験を通して実践的な学びができます!

基礎看護学実習室

基礎看護学実習室

小児看護学実習室

小児看護学実習室


ページトップへ戻る

在校生の声

聞いてみました!“もりがく”の魅力

3学年 小川 大地 さん 出身高校:静清高校

Q1.看護の道に入るきっかけは?

両親が看護師だった私は、小さい頃病気がちでよく体調を崩すことがありました。そのとき看病してくれた両親の姿が、日頃見ているものと違ってかっこよく見え、その頃から看護の道を意識し始めました。

Q2.入学した理由は?

緑が多く自由に学問を学べるイメージがありましたので、決めました。また、この学校では保健師と看護師の資格を両方同時に取得できるチャンスがあるのも魅力的だと思いました。

Q3.どんな校風?

緑が多く開放感のある学校で、先生方も丁寧に指導してくださり、充実した学校生活が送れる、そんな学校です。

Q4.興味深い科目は?

身体の構造や機能を学ぶ「解剖生理学」、それぞれの疾患に応じた看護の授業や看護技術の演習がとても興味の湧く科目です。

4学年 成田 実加 さん 出身高校:名古屋西高校

Q1.看護の道に入るきっかけは?

高校生の頃は養護教諭に興味がありました。しかし、もっと幅広い年代の人と関わりたい、人を助ける仕事がしたいと思いはじめました。一日看護体験に参加したことが大きなきっかけになりました。

Q2.入学した理由は?

大学では一学年2割程度しか保健師の受験資格がとれないのですが、もりがくでは全員に保健師の国家試験受験資格が与えられることを知り選びました。

Q3.どんな校風?

森に囲まれた木造校舎、幼稚園、特養が隣接しているため地域との交流も多く、環境が抜群!また、実習先がさまざまで実践力が身につき、将来の就職先の幅が広がります。

Q4.興味深い科目は?

住み慣れた家で家族と過ごし、その人らしく生きるために在宅医療を選択する人々を対象とする在宅看護。これからの高齢化社会に重要な科目であると思います。


ページトップへ戻る

就職

ひろがるふくらむいろんな道

主な就職先

愛知医科大学病院、愛知県精神医療センター、愛知県立の各病院、春日井市民病院、刈谷豊田総合病院、協立総合病院、公立陶生病院、国立病院機構東名古屋病院、小牧市民病院、聖霊病院、瀬戸みどりのまち病院、総合上飯田第一病院、豊田厚生病院、名古屋記念病院、名古屋大学附属病院、名古屋徳洲会総合病院、日進おりど病院、八事病院、労働者健康安全機構旭労災病院、名古屋市保健所、あいち健康プラザ、愛知健康増進財団、オリエンタルクリニック 等

就職イメージ