愛知総合看護福祉専門学校

愛知総合看護福祉専門学校

学科紹介

保健看護学科とは

生命と健康を支える仕事。その喜びを感じたい。

中部地区初!
保健師&看護師のWライセンス

保健師と看護師のダブルライセンスが取得できるもりのがくえんの統合カリキュラム。質の高い看護職を養成するための教育制度で、4年間で2つの国家試験資格を取得でき、さらに大学院への入学資格も得られます!


多彩な実習施設

学内で学んだ知識と技術を実践し、看護の基礎的能力の修得を図る実習。病院などの医療施設はもちろん、保健所や保健センター、産業保健、学校保健などの幅広い実習体験を通して実践的な学びができます!


在校生の声

聞いてみました! “もりがく”の魅力

Q1.看護の道に入るきっかけは?

中学3年生のとき、大好きな祖父が病気で倒れたのですが、何もできなかった自分が悔しくてたまりませんでした。もしもまた、大切な人がそんな状況になったら、同じことを繰り返したくないと思ったのがきっかけです。

Q2.入学した理由は?

看護師と保健師というダブルの国家試験受験資格が取得できることが決め手でした。他にはない統合カリキュラムで、多くの知識が身に付きます。

Q3.どんな校風?

自然に囲まれている学校は他にはない魅力!しかしなんといっても一番は、学生たちに寄り添って一生懸命教えてくださる先生たちが最高です。

Q4.興味深い科目は?

身体の仕組みについて学ぶ「解剖生理学」は、看護の勉強の基本となる重要な科目です。自分自身の身体についても学んでいく学問なので、とても興味深いです。


Q1.看護の道に入るきっかけは?

高校卒業後、病院で事務員として働いていました。そのとき、看護師をはじめとしたさまざまな医療職の方と関わる機会が多くありました。自然と医療職に興味が湧き、看護師・保健師を目指そうと思い、学び直すこと決めました。

Q2.入学した理由は?

大学だと上位者しか保健師国家試験受験資格を取得できないところが多いのですが、この学校なら、看護師、保健師両方の受験資格を取れるので入学を決めました。

Q3.どんな校風?

同じ敷地内に幼稚園や入所・通所の介護施設があり、普段あまり接することのない子どもたちや高齢者の方々など幅広い年代の方と授業を通して関わることができます。

Q4.興味深い科目は?

実習先が様々で、多くの病院や施設、学校、企業へ行くことができます。そういった実習体験を通して、自分自身の目指す看護師・保健師像を明確にしていくことができます。

就職

校長

ひろがる ふくらむ いろんな道

主な就職先

愛知医科大学病院、愛知県精神医療センター、あさい病院、愛知県立の各病院、春日井市民病院、刈谷豊田総合病院、協立総合病院、紘仁病院、公立陶生病院、国立病院機構東名古屋病院、小牧市民病院、さくら総合病院、聖霊病院、瀬戸みどりのまち病院、豊田厚生病院、名古屋記念病院、名古屋共立病院、名古屋大学附属病院、名古屋徳洲会総合病院、日進おりど病院、八事病院、労働者健康安全機構旭労災病院、保健所、市町村保健センター、あいち健康プラザ、東京女子医科大学病院、東京逓信病院、信州大学医学部附属病院 等

ページのトップへ戻る